初心者トレーダーの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初心者トレーダーの特徴

最弱の初心者トレーダー

最下位に属する個人投資家の中でも最も標的にされやすいのが初心者トレーダーです。

大口投資家から見た初心者トレーダーは、ただ負けるためだけに存在していると言ってもよいでしょう。

出来るだけ早く初心者を脱するためにも以下のことを把握して、相場に備えて下さい。


初心者によくある傾向について

1⃣聖杯探し

相場はプロでも先が読めず、判断を誤って負けていく厳しい世界ですが、コツさえ習えばすぐに勝てる、そのような聖杯があると頑なに信じています。

勝ち続け、生き残っていくためには機能しているテクニカルと時間軸を定点観測し、傾向を肌で知り、トレードの本質を理解した上で継続していく情熱が必要です。

どんなプロの世界でも簡単に勝ち続けられることなどあり得ません。

安易な謳い文句に惑わされないようにして下さい。


2⃣満玉(証拠金限度いっぱいのポジションを取る)

初心者がトレードすると高い確率で満玉する傾向があります。

満玉すると、たとえ勝率が99%であったとしても、どこかで必ず全ての投資資金を失います。

リスクとレバレッジをよく理解して、どれだけの損失が許容できるのかを理解できなければ、日経225先物など株価指数先物やFXに手を出すべきではありません。

3⃣自動売買の幻想

今では様々な自動売買ツールが売られていますが、放っておけば目覚ましい利益を稼ぎ出してくれる夢のような自動売買ツールに私は1度も出会ったことがありません。

システムトレード、シグナル配信など凝ったこと、他人任せなことをしていた方々が次々と退場していくの見てきました。

優秀なシステムであっても、いざ流れが変わった時に甚大なリスクを被ることがあるため、ドローダウンに耐えうるには相当な資金量を要すると言われています。

世界でトップクラスの投資銀行が運用するAIのような優秀なツールがあったとしても、それが巷に出回るはずがありません。

4⃣専業トレーダーの落とし穴

仕事を辞めて専業トレーダーとして今すぐ稼ぎたい!自由な時間を手に入れたい!・・・そのような理由からトレードを始める方は多くいらっしゃると思います。

かくいう私もその内の1人でした。

しかし、専業トレードでやっていくには負け越しても不自由なく生活できるだけの余剰資金とトレード資金が別々に必要です。

さらに専業トレードでは、どうしても今月はプラスにしなくてはならない!とか先月のマイナス分を取り返さなければならない・・・といった個人的・金銭的事情がトレードに投影されやすく、トレードの本質から乖離していく傾向にあります。

初心者であれば尚更のこと、他のお仕事と兼業でトレードを始めることをお勧めします。

トレードの収入が自身の年収を上回ってから専業を考えても良いですし、もしそのような成績が出せるのであれば、兼業で資金を大きく増やし続けることをお勧めします。

儲かることだけを考えて安易に専業トレードを始めるべきではありません。


5⃣好材料・悪材料への盲信

好材料が出れば必ず価格が上がり、悪材料がでれば必ず価格が下がると決め込んでいる傾向にあります。

実際には好材料出尽くしと判断されて値下がりしたり、悪材料出尽くしと判断されて値上がりすることもあります。


6⃣天才の定義

独学の相場歴が5年ほどで、すでに上記1⃣~5⃣のことを理解しているのであれば、その方は間違えなく「天才」です。

私が知り得る限りでは、初心者は無知で無鉄砲に加えて、行動のほどんどが感情に支配されています。私自身も同じような時期がありました。



初めに実行すべき鉄則・ルールについては こちらをご覧ください。
失敗してしまう方の特徴については こちらをご覧ください。


日経225先物の神髄を究める相場塾への質問やご入会につきましては
こちら↓からお問い合せ下さい。




TOPページに戻る