【注意・免責事項】

【注意・免責事項】

厳しい生存競争


高度な文明を持ち、食物連鎖の頂点に君臨する我々人間
相場の世界へ一歩踏み込んだ瞬間から
資金量、情報量、技術力、組織力 全てにおいて食物連鎖の最下位に属すること
正しく認識出来ている者はいったい どれほどいるでしょうか?


我々の身近な庭先であっても自然界の厳しい生存競争がひしめき合っています。
海の生物における生存率は特に低いことで知られています。

イワシの稚魚























生存競争の具体例


①ウミガメが卵から親ガメになれる確率     1500分の1 0.066%
②イワシが卵から成魚になれる確率
卵が孵化するまでに70%は食べられ、生後~2ヶ月までの生存率は0.07%です。
生後2ヵ月~成魚になるには
0.07%の確率で生き残った中から更に数万分の1と言われています。 

相場の世界で専門的な指導を受けずに自己流でトレードを開始した場合
1~2年以内にほとんどの参加者が退場しています。

真剣に勉強を始めても 実践経験を積む中で多くの資金を失ってしまいます。
個人差はありますが0~10年間が危ない期間です。
この期間で専門的な指導の必要性に気が付くまでに生き延びることができるのか?
が成功への布石となります。

③トレーダーの生存率(勝ち続けられる確率)は2%と言われています。
トレードを続ける限り 常にこの2%の振るいにかけられていること
意識しなければなりません。

相場はそれほど険しい世界であることを
ここで改めて認識しておきましょう。

次々と降り注ぐ試練


数年に1度の大暴落●●ショックは既に経験されている方もいらっしゃと思います。
コロナショック、3.11東日本大震災の暴落、チャイナショック、リーマンショック、ライブドアショック、アベノミクス(金融緩和)、トランプ大統領が就任した時の暴騰相場では突如に資金が吹き飛ぶことがあります。

※ ロスカット設定をせずに席を立ってしまう方を多く見かけます。
これは命綱やシートベルトをしていないのと同じ行為です。

また習った通りにやろうとしても自身の時間的都合、性格や癖、思い込み(バイアス)、防衛本能が邪魔をしたり、セオリーの裏をかかれたり・・・
様々な試練が待ち構えています。


仮想と現実とのギャップ


続きまして命綱や安全が確保された競技としてのボルダリング大自然の絶壁を相手とするロッククライミングについて比較してみるとロッククライミングは死への恐怖と常に対峙しなければならない点が前者とは全く性質の異なるものであることが分かると思います。
これは(デモ)トレードと実際のトレードについても全く同じことが言えます。


99%の方が 口座を開設したら すぐにトレードをしたい。
あわよくば、すぐにでも儲けたい!
 ということで
実際にトレードをしたくなる気持ちは 良く分かります。

先ほどの例えにあったように クライミング関して未経験の者が一通り教科書を読んで、youtubeで知識武装し、用具を一式揃えてすぐに挑戦する・・・
こうやって書き連ねてみると無謀な行為であることは誰しもが理解できるはずです。

しかしトレードの世界では、そのような危険な行為を当然のように行い退場している現状が後を絶ちません。

これはCMや情報商材が簡単に勝てることを想像させて呼び込もうとする背景が原因の1つと言えます。

トレーニング環境のメリット


トレーニング環境を導入することで資金を温存しながら学ぶことができるメリットがあります。

※ 80~90%以上の初心者~中級者が資金を短期間で増やそうとして逆張り→ナンピンを重ねて資金の大半を失っている現状があります。


①たくさん手数を出してトレード経験を積み、反省点や学んだことをトレード日誌に書き留める。
②根拠のないトレードや見立てを誤った場合における結果を情報収集していく。

トレーニング環境でのメリットを余すことなく活用してトレードの本質を学んで頂くことをお勧めします。

トレーニング環境の詳細につきましては
こちら↓をご覧ください。



【免責事項】


※ 如何なる理由においても、トレードにおける損失への責任は当サイトでは負いかねます。

トレードは自己責任のもとで行って下さい。
ご理解、ご了承の上でお申し込み下さい。

よろしくお願いいたします。




神髄を極める相場塾への質問やご入会につきましては
こちら↓からお問い合せ下さい。




TOPページに戻る