性格が出る『逆張り』、『順張り』という投資手法を分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
性格が出る『逆張り』、『順張り』という投資手法を分かりやすく解説

はじめに

FXでも株式でも、先物取引(日経225、NYダウ、小麦、金、原油)、ビットコインであっても相場には「逆張り」と「順張り」という投資手法が存在します。

相反するこれら二つの投資方針については、どちらが正しいのか?この問いは昔から議論があり、永遠のテーマでもあります。

しかし、勝っていくための方針を決めるには、順張りと逆張りのメリット、デメリットを知り、どちらの手法が自分の性格に向いているのかを知っておくべきです!

逆張り、順張りについては下記↓にあるリンクを参照してください。

逆張りとは?

順張りとは?


トレードに向いていないのは当然である

残念ながら、ほとんどの個人投資家はトレードに向いていない。

なぜならば、相場の世界は一般常識や社会的モラル、物理法則などがほとんど通用しないからです。

値動きというのは非常にあまのじゃくであり、完璧に予測することは出来ません。

トレードはそうした中で様子見、エントリーから利食い、ロスカットの一部始終をすべて自身で判断しなければなりません。したがって、自分の性格がどのようにトレードへ影響を及ぼしているのか?を把握しておく必要があります。

逆張りに適した性格

逆張りは長期(日足~週足)でのトレンドラインや移動平均線、過去の保ち合い(上限・下限)で効果を発揮します。

そのため、自分の決めたラインに価格が触れるまで何日も待つことができる気の長い方が向いています。取り逃すまいと勇んでしまうよりも、待ち続けたラインを割ってから買うくらいに引き付けるのが好ましいです。

ラインに触れずに切り返されたら諦めるくらいの潔さが必要です。

また、逆張りは一旦ポジションを持ったら小さな値動きを気にしない図太さと、それなりの損失を受け入れる寛大さが必要です。

トレンドに逆らった売買をするので下降トレンドで買ったものの想定外に下がり続ける可能性は十分あるので、逆張りはトレンドの潮目を予測する能力が問われます。

自身の判断力・分析力を信じ、その後のトレンド反転をじっと待ち続けられる気の長い方が向いているといえるでしょう。

×逆張りに向かない性格

逆張りをすると負けを引き込みやすい性格は

①意地っ張り、②負けず嫌い、③せっかち、④欲張り、⑤自信家(自分は正しい)、⑥小銭が好き、⑦寂しがり屋、⑧完璧主義、⑨会社の役員または社長など絶対に失敗できない立場にある方(一部例外あり)、⑩プライドが高い、⑪短気、⑫執念深い、⑬臆病

数え上げたらきりがないですが、上記の性格に加えて⑭血気盛んでいつも気を張っている方が損をしている傾向にあります。

上の14つの特徴で7つ以上当てはまったら注意が必要です。

※ ⑭が当てはまっている方は特に要注意です。

ポジションを持つと途端に怖がりに豹変する方(内弁慶な方)も向いていない手法と言っていいでしょう。

順張りに適した性格

①勇敢、②適当主義(頭と尻尾はくれてやれ)、③責任感がある、④マニュアルをしっかり読み込むタイプ、⑤几帳面、⑥自分の考えと違ってもマニュアル通り行動する、⑦慎重、⑧全体の流れ・相手の意見を尊重する、⑨準備を大切にする、⑩同時並列に物事を考える、⑪揉め事があれば上手に仲裁できる、⑫シナリオを裏付ける行動・嘘を見破る刑事タイプ

順張りで成果を上げている方の多くは上記の性格に加えて⑬視野が広く、⑭信念があるタイプです。

上の14つの特徴で7つ以上当てはまれば順張りが向いています!

自分の意見を無理に押し通そうとするよりも、流れに身を委ねられる人のほうが向いています。また大きなトレンドでは上昇している中でも、一時的に下落する(価格調整)局面がある。そうした中でも小さな動きに一喜一憂しないで持ち続ける信念と根気が必要だ。

×順張りに向かない性格


①雰囲気に流されやすい(なんとなく行動する)、②流れに置いてかれるのを恐れる(押し目を待てない)、③直ぐに諦める(目先の流れで判断する)、④臆病、⑤相手の話を遮る傾向がある、⑥高所恐怖症、⑦常識人、⑧思い込みが激しい、⑨情報に100%信頼を置いている、⑩信じやすい(騙されやすい)、⑪慎重すぎる、⑫不器用すぎる、⑬要らないものを溜め込む、⑭期待する気持ちが強い

上の14つの特徴で7つ以上当てはまったら注意が必要です。

大多数が順張りに向かない性格と言わるほど心理的には難しい手法です。

マーケットに参加している時の自分と群集心理

マーケットに参加している時には本当の自分(性格)が顔を出します。これは逃れようがないので、自分自身を管理することに注意を向けるしかありません。

例えば、特定のチャートの背景や時間帯、連敗した直後、連勝した直後はトレードをしない(その場を離れる)といった禁止項目を作っておくことがとても有効です。

トレードを優位に進めるには、チャートに隠れている「群集心理」を読み取ることが重要です。

「群集心理」を読み解くスキルを磨くには、自分が失敗した時はこんなことをしていた、こんな風に思い込んでいた、というような経験をもとに、似た局面での相手の言動に注意を向けてみてください。

自分自身の衝動を抑える一方で、衝動を抑えられなかったその他の群集の状況を観察し、心理を汲み取ることに重きを置くことで、マーケットの成功に確実に近づくことでしょう。


大きな予測の危険性

コロナ過、台湾有事の懸念や中国の経済状況のニュースを見て、売り急いで負けたことはありませんか?

トレードにおいて判断が難しい状況になると、どうしても権威のある証券アナリストの意見に頼りたくなったり、ニュースと値動きが連動していると思うようになります。しかし、アナリストはマーケットにおいて、起こったことを解説するのが専門であって、未来の価格を的中させる専門家ではありません。

大きな予測には期待をせず、価値を見出さないようにしましょう。

マーケットを支配しているのはニュースの報道官でも、証券アナリストでもありません。群集心理を巧みに欺き揺さぶって、価格をコントロールしている影のプレーヤ(大口投資家)が確実に存在します。

価格を自身で予測することは自由ですが、アナリストの意見やニュースに大きな期待を寄せることは、とても危険な習慣です。冷静に状況を分析し、最終的に自身で判断しなければなりません。


まとめ・柔軟に使い分ける

「自分は順張りに向いているから常にトレンドに従う」とか、「自分は逆張りと決めたからいつも天底を狙う」と決め付けるべきではありません。順張り、逆張りどちらか一辺倒でなく、その時々に応じて柔軟な姿勢を取るべきです。いずれの方針も理にかなった手法ですが、勝率100%の手法など存在しません。

またトレンドが判断できない状況「保ち合い」 になった場合では、今後の方向・シナリオを裏付ける値動きを見つける能力が結果に大きく寄与します。

順調に上昇し続けていても、その上昇は永遠に続くわけではない。下落についても同様で、下落し続けているように見えても、いつかは上昇に転ずる。相場が反転するタイミング、トレンドがいつまで続くのか、いつが天井でいつが底かは、誰にも分からない。

どんな投資手法にも長所も短所もあることを学び、柔軟に使い分けながら今後の投資に役立て下さい。

当相場塾の方針、戦略が参考になれば幸いです。

【戦略について】

【盲点をついたトレンドライン】


日経225先物の神髄を究める相場塾への質問やご入会につきましては
こちら↓からお問い合せ下さい。




TOPページに戻る