なんぴんとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なんぴんとは?

ナンピンとは?

ナンピン(難平)とは困難を平らにする(平均化する)という意味です。
買値をたくするのはしい という理由からナンピンと呼ばれるようになりました。

買ったあとに値が下がった場合、買い増すことで平均取得額が下がることになります。下がるごとに買い足して平均取得額を下げるやり方をナンピンと言います。下げ止まるだろう、更に上がるだろうと思って買ってしまったときに、ナンピンをする人が多いです。

ナンピン買いとは?

ナンピン買いとは価格が下がるごとに買い足して、平均取得価格を下げることです。
26700円、26500円、26300円での平均取得価格は(26700 + 26500 + 26300 ) ÷ 3 = 26500円 となります。

ナンピン買いのメリット

ナンピン買いをした後に、価格が上昇して平均取得価格を上回れば利益が出ます。

【挿絵での説明】

ナンピン買いのデメリット

買った後に、価格が下落し続けた場合はナンピン買いをした分だけ損失が膨らみます。

【挿絵での説明】

ナンピン売りとは?

ナンピン売りとは価格が上がるごとに売り足して、平均取得価格を上げることです。
26300円、26500円、26700円での平均取得額は(26300 + 26500 + 26700 ) ÷ 3 = 26500円 となります。

ナンピン売りのメリット

ナンピン売りをした後に、価格が下落して平均取得価格を下回れば利益が出ます。

【挿絵での説明】

ナンピン売りのデメリット

売った後に、価格が上昇し続けた場合はナンピン売りをした分だけ損失が膨らみます。

【挿絵での説明】


ナンピン まとめ

ナンピンは保ち合い相場では有効な手段として機能する期間もありますが、リスクと難易度が非常に高い手法です。

さらに以下のようなリスクにも注意しなければなりません。


・9.11テロ、3.11大地震、コロナショックなど想定外の値動きを抱え込む。
・オーバーナイトや週またぎによるギャップダウンなどの資金面とメンタル面が動揺する。
・チャートから離れることができなくなる。

・睡眠障害、仕事への悪影響、人間関係の悪化。
・その他 食欲不振、下痢、頭痛、胃痛、嘔吐、発熱、鬱、様々な健康障害が現れます。

このようなリスクに直面しているにもかかわらず、ロスカットするかどうかの基準が含み損が解消されるかどうか?
ということにすり替わり テクニカルにおける明確な基準を見失ってしまう点も大きなデメリットです。
つまり逆張り・ナンピンは感情的かつ自己都合を重視したトレードの温床となってしまう可能性が
非常に高いのです


テクニカルに基づいた明確な見立てや参加基準を準備しなければならない順張りが面倒になり手っ取り早くエントリーを判断できる(と感じる)逆張り、ナンピンに傾倒してしまう時期が誰しもあるはずです。

しかし、逆張り・ナンピンによってお金が空から舞い降りるような至福の期間を過ごしたとしても資金の崩壊は突如として訪れます・・・
いずれ大きな価格変動によってすべての資金が吹き飛ぶのです・・・

大きくリバウンドしたので持ち続けていれば大きな利益へつながったはずなのに・・・
どんなに悔やんでも「たられば」の話であり、失った資金は戻ってきません。

追証以外にも、(3の倍数の月の第2木曜日のナイトセッション)で限月が切り替わる時にポジションは強制決済されるため、損失は確定されます。

脱ナンピンのすすめ

ナンピンは上手く行けば大きな利益へつながりますが、失敗するリスクと隣り合わせであり 一旦大きく資金を失ってしまうと挽回するだけのポジションを持つことが出来なくなってしまいます。

要するにナンピンは這い上がれなくなる仕組みを自らが作っていることになるのです。

利益だけを追求してナンピンするメリットよりも最終的にデメリットの方が遥かに大きくなる可能性が高いのがナンピンの特徴といっても良いでしょう。
コツコツドカンの損失は逆張り、ナンピンがきっかけとなっていることが多く、大転落への入り口となっていることから以下のような格言が生れました。

ナンピンにまつわる相場の格言

下手なナンピン大怪我のもと

下手なナンピン素寒貧  ※ 素寒貧とは非常に貧乏で何も無い人のこと。

100年に一度の〇〇ショック

2011年3月11日に発生した東日本大震災は100年に一度の大地震と言われていますが、これは地震ということに限定した場合です。

現実には天災、〇〇ショック、パンデミック、ファンドの仕掛け、戦争リスクというものは2~4年に一度は確実に起きています。

運悪く〇〇の暴落で大損してしまった・・・

のではなく

運良くたまたま大損しなかっただけ・・・

と捉えるべきです。

相場で生き残り、利益を上げ続けていくためにはナンピンは封印し、突如として訪れる大きな価格変動に耐えうる手法を持つことを目指してください。

(上級者向け)ナンピン買いの具体例

下の日足チャートにおいて28200円で日経先物miniを1枚購入後、①~⑩まで価格が200円下がるごとに1枚ずつ買い足していった場合、どのようなことが起こるでしょうか?
一緒に考ていきましょう。

それでは日経225先物miniを1枚買うために必要な証拠金15万円、口座残高200万円の場合におけるナンピン買いを検証していきます。※ 今回は取引手数料は考慮しておりません。

①ナンピン買い 1回目 28,000円

平均単価(28,200+28,000)÷2 = 28,100円、損失額 = -100×2枚×100円 = -2万円、口座残高 = 200万円ー証拠金(15万円×2枚)ー損失額(2万円)= 168万円

②ナンピン買い 2回目 27,800円

平均単価(28,200~27,800)÷3 = 28,000円、損失額 = -200×3枚×100円 = -6万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×3枚)ー損失額(6万円) = 149万円

③ナンピン買い 3回目 27,600円

平均単価(28,200~27,600)÷4 = 27,900円、損失額 = -300×4枚×100円 = -12万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×4枚)ー損失額(12万円) = 128万円

④ナンピン買い 4回目 27,400円

平均単価(28,200~27,400)÷5 = 27,800円、損失額 = -400×5枚×100円 = -20万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×5枚)ー損失額(20万円) = 105万円

⑤ナンピン買い 5回目 27,200円

平均単価(28,200~27,200)÷6 = 27,700円、損失額 = -500×6枚×100円 = -30万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×6枚)ー損失額(30万円) = 80万円

⑥ナンピン買い 6回目 27,000円

平均単価(28,200~27,000)÷7 = 27,600円、損失額 = -600×7枚×100円 = -42万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×7枚)ー損失額(42万円) = 53万円

⑦ナンピン買い 7回目 26,800円

平均単価(28,200~26,800)÷8 = 27,500円、損失額 = -700×8枚×100円 = -56万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×8枚)ー損失額(56万円) = 24万円

⑧ナンピン買い 8回目 26,600円

平均単価(28,200~26,600)÷9 = 27,400円、損失額 = -700×9枚×100円 = -63万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×9枚)ー損失額(63万円) = 2万円

ここで口座残高が2万円となりました・・・
200万円をもとに①~⑩までナンピン買いする予定でしたが、日経225先物miniを1枚買うために必要な証拠金は15万円ですのでこれ以上買い注文を入れることは出来ません。

26,400円の時

平均単価 = 27,400円、損失額 = -1,000×9枚×100円 = -90万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×9枚)ー損失額(90万円) = -25万円

遂に口座残高がマイナスとなり-25万円となりました。
こうなった場合は不足分の25万円を翌営業日の正午までに入金しなければなりません。

これが追証です。
期日までに入金ができないと、ポジションが強制決済され損失額(-90万円)が確定されます。

(具体例)ナンピンのデメリット

上のチャートを見ると9枚の平均購入単価である27,400円を上回る27,500円までリバウンドしているので大丈夫と思うかもしれませんが、実際には26020円まで下げてからリバウンドしています。

26,020円の時

平均単価 = 27,400円、損失額 = -1,380×9枚×100円 = -124万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×9枚)ー損失額(-124万円) = -59万円

このような不足金額を目の当たりにして冷静かつ平穏な日常生活が送れるでしょうか・・・
夜中も気になってチャートに張り付き、一睡も出来ず、食事やトイレもままならない状況へ陥っているはずです・・・

(具体例)更なる最悪の事態

さて、事態は更に悪化することもあります。

9枚の買いポジションを持ちながら週をまたいでしまった時に起こる最悪の事態を想定してみましょう。

26,400円から翌週の寄り付きで1,000円ギャップダウンした場合、価格は25,400円となります。

25,400円の時

平均単価 = 27,400円、損失額 = -2,000×9枚×100円 = -180万円、口座残高 = 200万円-証拠金(15万円×9枚)ー損失額(180万円) = -115万円

口座残高は-115万円となりました。
翌営業日の正午までに不足分の115万円を入金しなければ、強制決済されて損失額(-180万円)が確定されます。

(具体例)2020年 コロナショック時の下落幅

今回例に挙げた下落幅は日足のトレンドラインを割り込むところ28,200円から26,020円まで2,180円の下落幅でしたが、2020年2月下旬から事態が急変したコロナショックにおいては23,200円から15,860円まで7,340円の下落幅を記録しました。

目先の下落だけを見てナンピンする幅を広く取れば大丈夫!と高を括って構えるのはあまりにも危険であることは容易に想像が付くはずです。