心の備え方

心の備え方


敗者は勝った姿を想像し、勝者はまず負けた自分の姿を想像する・・・

私が初めてこの言葉を知った時、意味を正確に理解することが出来ていませんでした。
しかし、相場で様々な経験をしてきたことで
ようやくその意味が分かるようになりました。


相場は時には大きく勝たせてくれますが
その一方で容易には勝ち続けさせてはくれない・・・


一般的なセミナーや教科書で得た知識をひたすら勉強しただけでは
容易に資金が増え続けることはなく

最終的に資金は減り続けることになるでしょう。


教科書的な知識を一生懸命勉強しただけでは補えないもの
その正体は・・・?

ポジションを取っている者が苦痛に感じる値動きを経てから本来の方向を示す
という独特な相場の値動きの癖を見込んだ売買プラン
失敗した時のトレード結果(ロスカット)を受け入れる心の構え
と言い換えることができます。

また、大方 下がるだろう・・・といった局面で
下げずに上昇トレンドへ転じていくパターンや

ニュースや巷の雰囲気が良好の中、何かをきっかけに突如として大暴落することもあります。

ここまでお話するとピンと来ると思いますが
大きく負ける時というのは、負けを受け入れずに取り返そうと執着した時
(頻繁なトレードやロスカットを拒否してナンピンするなど)や

自分が勝った姿(こっちへ行けば大きく勝てる、数十万円勝てる?)を
期待して行動した時ではないでしょうか?



勝ち続けるためには
そのような一方向へ偏った思考パターン(バイアス)をやめて
逆の発想を取り入れる必要があります。
ここでエントリーしたらここでロスカットするだろうな・・・

その起きて欲しくない値動きが起こってから、行動すべきなのです。




実際に危惧していた値動きが出たが、それが振り落としの可能性がある
という段階になってはじめて 当初に決めていたポジションを取ってみる。

もちろん ダメならロスカットです。

この一連の行動を私は今でも取り続けています。

今まで負けて続けて来たパターンを多く知っているということは
上記のような発想の引き出しとなり 今後のトレードに有利な材料となり得ます。


また、大きな下落の後の保ち合いで買いが怖くて出来ない・・・
など 生理的に目を背けたくなるような行動パターンを克服しない限り
資金の減少は避けられない
という冷酷な事実が立ちはだかっています。




潜在意識に潜んでいる心の壁を乗り越えて
これまで避けていた判断を実行していくことで
今後のトレードや人生が好転していくことでしょう。


負けは常に成功の母
ということを忘れずに頑張って下さい。


神髄を究める相場塾では「心の壁」を取り除くために
必要な情報や戦略を働きかけています。

自身の人生を変えるために真に学ぶ決意をすること

これが運命の分かれ道・ターニングポイントです。



神髄を究める相場塾では
長年の苦行によって手元に残った
勝ち続けるために必要な戦略、テクニカル、時間軸、売買パターン、心構え
配備しています。
(資金がきちんと増え続ける確かな法則、背景、方法論があります。)





神髄を究める相場塾へのご質問につきましては
こちら↓からお問い合せ下さい。




TOPページに戻る