テクニカル分析 グランビルの法則とは?チャンスを見極めるポイントを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テクニカル分析 グランビルの法則とは?チャンスを見極めるポイントを徹底解説

はじめに

※ 以下の説明では移動平均線のことをMA(Moving Avarage)と呼びます。

グランビルの法則は、一般的にMAの傾きとロウソク足からトレンドの初動を捉え、MAとロウソク足との乖離からトレンドの終端を予想するために使用されています。

MAを使って割り戻しを買うなど、グランビルの法則とは知らずに使っていた!というくらいにポピュラーな手法であり、トレードにおいて非常に重要な役割を果たしています。基本的な手法を曖昧にせず、自身がどんな値動きを捉えようとしているのかを確認しておきましょう。

【基本】グランビルの法則 売買ポイントと注意点


当サイトにある手法については【免責事項】を理解した上でご利用下さい。
トレードはくれぐれも自身の責任のもとで行ってください。よろしくお願いいたします。

【買いサイン】

MAが下→水平→上に変化した後に、ロウソク足がMAを上抜いたら買う

【注意】勝率は低いがトレンドに乗れた場合は大きな利益が見込める。

MAが上向きで、ロウソク足がMAを割り戻したら買う

MAが上向きで、ロウソク足がMAで下げ止まり上昇しはじめたら買う

ロウソク足がMAより下に乖離したら買う

【注意】勝率が低く難易度が最も高い。トレンドに乗れた場合は最大級の利益が見込める。

グランビルの法則・買いサイン



【売りサイン】

MAが上→水平→下に変化した後に、ロウソク足がMAを割り込んだら売る

【注意】勝率は低いがトレンドに乗れた場合は大きな利益が見込める。

MAが下向きで、価格が大きく下落し再度MAを上抜いたら売る

MAが下向きで、ロウソク足がMAでの手前で上げ止まり下落しはじめたら売る

ロウソク足がMAより上に大きく乖離したら売る

【注意】勝率が低く難易度が最も高い。トレンドに乗れた場合は最大級の利益が見込める。

グランビルの法則・売りサイン


【応用】実践的なグランビルの買いサイン

それでは日経225先物・60分足の移動平均線(25MA・60MA・200MA)を使用して解説していきます。

1⃣(順張り対応)上昇転換から調整後の再上昇

日経225先物・60分足・移動平均線・グランビル

①移動平均線が降順(200・60・25)に並ぶ下落トレンド → ②(上昇転換)200MAを明確に上抜き → ③移動平均線が昇順(25・60・200)に並んだ上昇トレンドの後で、④⑤価格が25MAを割り戻すと再上昇する可能性が高い。

当相場塾では上昇トレンドに転換した後の④最初の押し目での逆張り もしくは ⑤再上昇の起点となっている25MAの上抜け(順張り)をグランビルの法則の買いサインとして推奨しています。


2⃣(順張り対応)下落トレンドでの買いサインの注意点

日経225先物・60分足・移動平均線・グランビル

グランビルの買いサインを実行する際に注意すべき点は、移動平均線が降順(200・60・25)に並んだ下落トレンドにおいて、①②③④のように25MAや60MAを上抜いた買いサインには騙しが多いため、当サイトでは推奨していません。

3⃣乖離を利用した買いサイン

日経225先物・60分足・移動平均線・グランビル

グランビルの法則・乖離を利用した買いサインにも注意点があります。移動平均線からロウソク足が下へ乖離しているからといって、値ごろ感で逆張り(買い)を仕掛けていくと、勝率が低くいだけでなく更に大きな下落へ巻き込まれるリスクも抱えてしまいます。移動平均線との乖離を狙ったタイミングで取引をするのであれば、明確な損切りの基準を決めておくことが大切です。

乖離を利用した買いサインは、時間的な背景や他のセオリーを併用することで、①のポイントや②の上昇を捉える確率が上がります。

これは当相場塾が行っている手法の中で最も有効な手段の1つであり、下落トレンドにおける定番の背景とちょっとしたコツさえ知っていれば、事前に準備して実行することが可能です。

具体的な方法につきましては下↓の塾生用の解説で説明していきます。

【塾生用】グランビルの法則



当相場塾の解説・イメージ

【目次】

目次




日経225先物の神髄を究める相場塾への質問やご入会につきましては
こちら↓からお問い合せ下さい。




TOPページに戻る